秋葉硝子

全2商品

硝子の産地として栄えた新潟県秋葉区に工房を構える秋葉硝子。

秋葉硝子ではガスを燃料とする溶解炉で1300〜1400度に熱せられたガラスを吹き竿の先につけ、

一つずつ息を吹き込んで形を作っていく「吹きガラス」という手法を用いています。

吹きの作業で、日々の食卓に豊かさを添える温かみのある作品を制作されています。